勉強会5回目

前回・前々回と、『元ERAKiSプレイヤー』向けの内容だったので、いったん少し戻って初心者向けの内容をお話ししましょう。

第2回で、主な攻撃方法は2種類に分かれ、単体攻撃型と範囲攻撃型に分かれるというお話をしました。

単体攻撃型と範囲攻撃型、実は大型モンスターを相手にする場合、その違いが大きく影響します。大型モンスターは、レイドや降臨ダンジョン・降臨チャレンジで出現します!

大型モンスターは、攻撃してくる範囲がMAP全体に広がることもあり大変やっかいな敵ですが、ポイントは攻撃対象マスが9マス(3×3マス)存在するために弱点も併せ持っています。

単体攻撃型は、大型モンスターに1回しか攻撃ができませんが、突撃型・魔法型・旋風型・爆撃型の4種類の範囲攻撃型は、攻撃範囲内に攻撃対象マスが複数ある場合、大ダメージが期待できます。

上記画像内にも例示されていますが、旋風型のダイサーで攻撃力が1000、攻撃範囲に攻撃対象マスが2つある場合、1000×2マス分で、ダメージを2000与えることができるのです!

左が攻撃前・右が攻撃後。右側画像にはダメージ表記が2回発生している。
※画像のモンスターはダメージ半減効果を持っているため、1回あたりのダメージは半減されている。

ですので、大型モンスターと戦う時には、範囲攻撃型をうまく活用するといいですよ!